これ、わたしのノートブック。webサイト制作の学習用。一見ゴチャゴチャですが最高。気づきnoteを関連付けて描くので、実に分かりやすい。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§01 惜しいと思おう

講義に毎回出席する。
きちんとノートを取る。

でも、試験の成績は振るわない。

講義に出なかった人のほうが
自分より高く評価される。

そうした経験を大学でした方、
意外と多いのではないでしょうか。

なぜ、こんな不思議な事が
起こるのでしょう?

原因の1つが、教科書コピペ

教科書持ち込み可の試験でよく起き
る現象で、試験になると答案用紙に
ひたすら教科書の内容を書き写す、
というアレです。

教科書コピペは、講義に殆ど出なか
った人が窮余の策として使います。
けれど、自分のノートを取っている
人でも使うことがあります。

講義に出て書いた自分のノート
あるのに、それを試験会場で捨て、
教科書をコピペして…。

この「ノートを捨て教科書コピペ」
行動は「自分のノートより教科書の
方が完全で正しい。だから試験にパ
スするためには教科書を優先!」で
選ばれるのでしょう。けど…2つの
点で間違っています。
次の①と②を自身の経験に照らし合
わせてチェックしてみてください。

①問題の意図を勘違いしてない?

「その本には○○○○という事が、
どのように書いてありましたか?」
が問題でない以上、教科書コピペは
十分な回答になり得ません。

もっと言うと、コピペをするほど、
あなたの評価は低くなります。
「な~んだ、この人、ちっとも考え
なかったんだ」と採点者(先生)を
落胆させるよう仕向けているから。

②試験は、あなたの気づき(note,
 ノート)を披露する場です。


ノートnote の語源は「気づく」。
「気づく」から、気づいたことを
「書き留める」意味も誕生。つまり
notebook は「気づきの冊子」。
板書の写しではなくて、あなたの
「気づく」の軌跡です。

大学の試験の多くは、あなたの
「気づく」、「気づく」を練った
「考える」を求めているはず。
ノートの真価を誤解してませんか。

ノートを大切にしてください。

あなたの「考える」を支えるために
あなたの「気づく」は存在します。

そして「気づく」を記録するために
ノートがあって、そのノートを充実
させるために板書や資料(教科書を
含む)は存在するのです。



教科書コピペで、
あなたの「気づく」「考える」を
押し潰す。

これは、本末転倒。
惜しいと思ってください。

ひょっとしたら、受験勉強の残像や
高校までの「勉強」のイメージ
(正解を答えて100点を取る)が、
皆さんの中で暴れ回っているの
かもしれませんね。

   
これ、わたしのノートブック。webサイト制作の学習用。一見ゴチャゴチャですが最高。気づきnoteを関連付けて描くので、実に分かりやすい。矢嶋ストーリーの応援サイト『I thinkでいこう』より。写真、矢嶋剛。
これ、わたしのノート。webサイト
制作の学習用。ゴチャゴチャですが
これが最高! 気づきを関連付ける
よう記すので分かりやすいのです。

自分の note  捨てないで