あらためまして こんにちは
I thinkでいこう です。

このページでは、
サイトの「なぜ?」に
答えていきます。

さっそく、いってみよう

Q.きっかけは?

A.教室での相談でした。
  (大学で少し教えています)

  「リポートが巧く書けない」
  とのこと。話を聞くと

  想う事があっても
  文にならない

  その人、苦しんでいました。

  そこで、§05に書いた
  たくさん書こうの話をしました。

  その人のリポート、半年間で
  劇的に進歩しました。

  持っている力を発揮できて
  よかったなぁ~と思いました。

  この気持ちが、始まりです。

Q.どうしてサイト化?

A.悩んでいる人、大勢いそう。
  そう感じたからです。

  実は、
  リポートの相談から
  しばらくして、
  §01に書いた教科書コピペ
  抗議を受けたのです。

  「正解のはずなのに
   どうして?」

  「考える」をしていない自分に
  気づいていないんだなぁ~

  そう感じました。

  とても残念だし、気になるから
  何人かに話を聞いてみると

  大なり小なり同じ感性…
  もしかすると、多くの人が…

  だったら
  サイトに書いてしまえ!
  (多くの人が気づけるかも?)

  そう想って
  このサイトを作り始めました。

Q.今の社会、「考える」不足?

A.この質問、よく考えます。

  もうネットが当たり前で、
  すごく便利で、使いまくり。

  検索上位のネット情報に浸り、
  なんとなく受け容れ、そのまま。

  ネットに乗らない世界=不明。
  本は読まない=深みのない
  うわべの情報だけで考えがち。

  こんな暮らしが、10代20代と
  続く。あとが大変です。

  人に流されている!に気づき、
  でも自分には自分の考えがなくて。

  ちょっとした権威(例 東大王)に
  ビビり、(テレビは、こういう感性を
  キャッチするのが上手!)


  なんだか自信のない人生を
  歩んでしまう。

  この心理を利用する人もいて…

  本屋さんに行けば

  「絶対に失敗しない…」
  「世界でいちばん…」
  「成功する…」
  「……すべきこと」

  こんなタイトルの本がずらり。

  似たような物言いや勧誘は
  ネットに腐るほど。

  こういうのに乗ると、
  「考える」って、自分から
  どんどん遠くに去っていくのに。

  怖いなぁ。

Q.サイトを作って、何を感じた?

A.あたらめて思うのは
  「考える」って楽しい。

  §03は、ちょっと人生論ですが、
  真実で、チャレンジって
  「考える」が必須。そして、
  チャレンジはワクワク!

  だからぁ 
  と、あらためて。

  反対に、
  注意しなきゃ!と思ったのは、
  ダメダメ先生。

  受け売りくん💁‍♂️、肩書くん😏、
  うわべ君🤪、大勢います。

  そういう人(増加中?)は、
  みなさんの考えるを潰します。
  そして、この愚を恥じません。

  I think な人生の邪魔なんで、
  選べるなら避けたほうが
  いいと think します。

Q.その think に
  §11や§15って要ります?

A.おっ、鋭い突っ込みですね。
  §11、知の巨人のところですね。

  確かに、アダム・スミスさんと…
  「話して、何になるんじゃ?」
  「相手、死んでるぞ!」

  かも。

  わかります。わかります。

  でも、まぁ、彼クラスの人物と
  話、通じ合えちゃうって、

  けっこう自信になります。

  それに、あの話に書いた通り、
  彼、けっこう良いこと、
  書いてるんです。

  そんなところも気づいて欲しい!


  もう一つの突っ込みは、
  インガ、インガぁ~
  な§15の因果関係ですね。

  「なんだか、科学とか、?だぞ!」

  ですよね~。

  ですけど、問題発生 とか、
  悩みとか、
  解決したいなぁ!ってとき、
  人は因果を使うわけです。

  ですから、結局使うんだったら、
  書いちゃえ!ってことで、
  書きました。

  要らない人はスルー、
  お願いします

Q.最後に言い遺したいことは
  ありますか?

A.みなさまにおかれましては、
  生前からご厚情を… 

  じゃなくて、言い遺したいこと?

  なんでしょうね?
  強いてあげるなら、
  §17 I think でいこう、の、
  アメリカの女優、とても魅力的。
  の下りを読んでほしいです。

  そして、
  人として生きるために、
  自分らしくあるために、
  「考える」を想ってくれたら!

  その一助になれそうな
  I think
  けっこういい提案だと
  思っています。

        ではでは

 

Born to be wild
Rockin' in the free world

教科書・前例・権威に負けず
強く 自由に 生きるのだ!

  

このサイト、読んだ人 
(2022年8月22日以来