急な階段。でも一段ずつ上がれば必ず登り切れます。諦めずに一歩一歩進みます。努力は報われます。「書く」も同じく。この写真、神奈川県某所で撮影。自分らしくを応援するサイト「I thinkでいこう」より。矢嶋剛が著作・制作・運営をしています。

§05 たくさん書こう

考えるの苦手な人、

苦手じゃないけど、
考える力を高めたい人、

そんなときに効く
「考える」力
なトレーニング法をお教えします。
   (この§05から始めます!)

で、いきなり結論。

「考える」力を磨くには
たくさん書く!


これが一番の方法です。

たくさんって、どれくらい?

「できるだけ」

今日のあなたにとって
「できるだけ」

もう無理っていうくらい。
どんどん、どんどん、
書いてみるんです。

選んだテーマについて。
教わった事、賛意、反論、疑問、
思い付いた事、自分の経験、そして
取り敢えずでも自分の結論。

それらを
とにかくどんどん書いてみる。
文字にする。
文としてつなげていく。

もう訳が分からなくなるまで
書いていく。書き続ける。

そんなトレーニングを
自分に課してみてください。

すると、
自分が書こうと思っていた内容が
予想外にどんどん膨みます。
コイツを楽しんでください。

たとえば、こんな風に

scene1 書き始め

最初に頭に浮かんだ事が
「コミュニケーションとは会話だ!」
だったとします。
(わたしの講義的で m(_ _)m)

だったら、まずそれを書きます。

そして、ここからが肝心なんですが
書き終えた後、うまくまとまった!
と思っても、尋ね続けてください。

(それで?)

「それで?って、なに~」( ̄◇ ̄)

と思うかもしれません。
しかし、そこで止めずにもう一度、

(それで?)

と、シツコク、シツコク尋ねます。

このアタックを、あなたが諦めて
「じゃあ、続きを書くけどさぁ…」
になるまで続けてください。

先ほどの例でしたら、

「コミュニケーションとは会話だ!」
(それで?)
「会話って色々だけど、例えば…」
(それで?)

と強引に続けてみるんです。

(それで?)が何回か続くと
筆が止まると思います。
そうしたら、また自分に尋ねます。
(それで?)

ここでヒぇ~っとなっても

決して筆を止めないでくださいね。
どんどん書き続けてください。
どんどん、どんどん。

すると、こんな風になります。

scene2 展開

「コミュニケーションとは会話だ!」
(それで?)

「会話って色々だけど、例えば…」
(それで?)

「テレビを一人で観てて、出てる人が
『おはよう』って言うと返事しちゃう」

(それで?)

「これも会話だと思う」
(それで?)

「一人でも会話、ありじゃないかな」
(それで?)

「AIスピーカーと話すのって会話?」
(それで?)
 (それで?)
  (それで?)

こんな調子で(それで?)を何度も
繰り返すうちに、あなたの文は
自然と長くなっていきます。

ではここで
今まで書き足したことを1つの文に
なるように、つなげましょう。

こんな風になります。

コミュニケーションとは会話だ! 会話
って色々だけど、例えば…テレビを一人
で観てて、出てる人が『おはよう』って
言うと返事しちゃう。これも会話だと思
う。一人でも会話、ありじゃないかな。
AIスピーカーと話すのって会話?


いかがですか?

内容はチグハグかもしれません。
言い回しが下手かもしれません。
話し言葉のまま、かもしれません。

でも、いいんです。

トレーニングの目的は
「できるだけ、たくさん書く」に
あるのですから。

この(それで?)トレーニング、
続けてみてください。

すると 気づくはず

書き始め(=さっきまでの自分)に
思い浮かばなかったアレコレが
頭の中からスラスラと出ている!

さきほどの
コミュニケーションとは会話だ!…
の場合だと途中で足した
一人でも会話、ありじゃないかな。
がそれ!

考えてみてください。
この人、初めから「一人での会話」をコミュニケーションの1つに加えていたでしょうか。

たぶん違うと思うんです。
最初は複数人の会話をぼんやりと
想定していたと思います。

ところが書き足すうちに…

頭の中に浮かんだ、ほとんど意識を
していなかった「一人での会話」(と
いう斬新な発想)が飛び出てきて。

なんか新しいコミュニケーションの
話が書けそうな予感、突然!

だったと思うんです。

この事実に、

「俺って、実は、こんなことを
 考えてたんだ」
なんて驚いたり、

「わたし、なかなかイイ事、
 書いてる!」
なんて感心したり!

なんか、ワハハな気分になって。

もっとやってもいいかな?
なんて思ったりして。

このトレーニング 続けると

ジャズの世界でいうビッグ・プレイ
(=頭で考えたら絶対できない演奏)
(ジョン・コルトレーンさんの有名な
 サックス演奏 ♪ Countdown )

みたいな「たくさん書く」ができる
ようになります。

具体的にいうと、

 頭の中にあるもの、
 文にぜんぶ出せる
 ようになります。

 (チョーかっこいい!)

意識できていない自分の感性や
発想に気づくことができます。

ですから、
たくさん書いてください。
たくさん。たくさん。

(おしまい)

   
急な階段。でも一段ずつ上がれば必ず登り切れます。諦めずに一歩一歩進みます。努力は報われます。「書く」も同じく。この写真、神奈川県で撮影。自分らしくを応援するサイト「I thinkでいこう」より。矢嶋剛が著作・制作・運営をしています。
急な階段。昇るとキツイ
でも慣れてくれば。だから練習です。
書くのも一緒。一つ一つ書き足して。
(某県某所で撮影しました)

追伸

「考える」力を磨くファースト・ステップ、
いかがでしたか。意外なほどシンプルで驚き
ましたか。ほんとうに書くだけなんですよ。
ただ、ただ、たくさん書く。すると、自分の
中に眠っているアレコレが出てくる。それを
文章として見る。これが凄く大切なんです。
試して納得したら、次の§06へ。短い文を
伸ばしていくテクをお教えします。

  

このサイト、読んだ人 
(2022年8月22日以来