急な階段。でも一段ずつ上がれば必ず登り切れます。諦めずに一歩一歩進みます。努力は報われます。「書く」も同じく。この写真、神奈川県で撮影。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§05 たくさん書こう


「考える」を磨くには、たくさん書く!
これが一番の方法だと感じています。

たくさんって、どれくらい?

「できるだけ」。
今日のあなたにとって「できるだけ」。もう無理っていうくらい。どんどん、どんどん、書いてみるんです。

選んだテーマについて、教わった事、賛意、反論、疑問、思い付いた事、自分の経験、そして取り敢えずでも自分の結論。それらを、とにかくどんどん書いてみる。文字にする。文としてつなげていく。

もう訳が分からなくなるまで書いていく。書き続ける。そんなトレーニングを自分に課してみてください。

するとね、自分が書こうと思っていた内容が、どんどん膨らんでいきます。コイツを楽しんでください。

たとえば、こんな風に。

まず最初に浮かんだ事が「コミュニケーションとは会話だ!」だったとします。(わたしの講義的でm(_ _)m)

だったら、まずそれを書きます。

そして、ここからが肝心なんですが、書き終えた後、うまく纏(まと)まった!と思っても、さらに自分に尋ねてみるんです。

(それで?)


「それで?って、なに~」( ̄◇ ̄)
と思うかもしれません。
しかし、そこで止めずにもう一度、

(それで?)

と、シツコクシツコク尋ねます。

これを、あなたが諦めて、
「仕方ないなぁ。じゃあ続きを書くけどさ…」
になるまで続けてください。

先ほどの例でしたら、
「コミュニケーションとは会話だ!」
(それで?)

「会話って色々だけど、例に挙げたいのは…」
(それで?)

と強引に続けてみるんです。

このあと(それで?)が何回か続き、

筆が止まったら、また自分に尋ねます。
(それで?)

ここでヒぇ~っとなっても、決して筆を止めないでくださいね。
どんどんどんどん書き続けてください。どんどんどんどん。

すると、こんな風になっていきます。

「コミュニケーションとは会話だ!」
(それで?)

「会話って色々だけど、例に挙げたいのは…」
(それで?)

「一人でテレビを観ていて、クスっと笑う自分がいます」
(それで)

「これも会話だと思います」
(それで?)
(それで?)
(それで?)
(それで?)

こうして、あなたの文は、どんどん長くなっていきます。

内容はチグハグかもしれません。言い回しが下手かもしれません。

でも、いいんです。
トレーニングの目的は、「できるだけ、たくさん」書くことにあるんですから。

ぜひ試してみてください。
いろんなことに気づきます。

たとえば、書き始めた頃(ついさっき迄の自分)には思い浮かばなかった事が、頭の中からスラスラと出てきます。その事実に、

「俺って、実は、こんなこと考えていたんだ」
 なんて驚いたり、

「わたし、なかなかイイ事、書いてるわ!」
 なんて感心したり!

そして、そのうちに…

ジャズJAZZの世界でいうビッグ・プレイ、頭で考えたら絶対できない演奏、みたいな「考える」が自分の中から湧いてきます。頭の中にあるもの、みんな吐き出せるようになります。

だから、たくさん書いてください。

「でも、書くのが苦手だから…」な人もいると思います。なので、「苦手意識よ、サヨウナラ!」テクをお教えします。
次回は、そんな話です。


急な階段。でも一段ずつ上がれば必ず登り切れます。諦めずに一歩一歩進みます。努力は報われます。「書く」も同じく。この写真、神奈川県で撮影。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。
はじめから上手な人なんて、いません。練習して、覚えて、また練習。そして、ある日、「なんとなく~」な瞬間が訪れます。だからたくさん書きましょう。階段を一歩一歩、登るみたいに。

読んでくれて ありがとう