樹木の雄大さを伝えたくて、落葉の季節を迎えた大木に寄り添い、枝ぶりを描く。幹から太い枝、細い枝、空へと線を延ばす。そのイメージを写真で撮影。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛

§06 部分を延ばせ!

「たくさん書いて」と言われても…

「書くのが苦手…」な人は、
途方に暮れてしまいがち。

そして書く手を休め、お茶を飲み、
他の事を始めてしまいますが…
それじゃダメなので、書き続ける
テクをお教えします。

オススメは、自分の経験を文として
少しずつ延ばすトレーニング。
どうやるかを、今から説明します。

こんな風に 延ばします

まず何か、自分の経験を書けるよう
なテーマを用意します。たとえば、
「写真を見て感激した経験を教えて
ください」をテーマに選びます。

このテーマで「書くの苦手」を自認
するAさんが次のように書いて筆を
止めた、としましょう。

友だちからもらった葉書の海の写真に感激しました。

この文を、Aさんに延ばしてもらう
んです。たとえば、こんな風に質問
してみます。

「Aさん、この友だちってどなた?
 ちょっと書き添えてみて」

Aさん、こう書き添えたとします。
    (赤字が書き添えた部分)

私には中学校から高校まで一緒だった山本さんという友だちがいます。その山本さんからもらった葉書の海の写真に感激しました。

これで少し文は長くなりました。
同時に内容が少し伝わってきて。

いい感じになったので、もう少し
Aさんに書き添えてもらいます。

今度は、
「写真にはどんな海が? 砂浜の風
景ですか?」と尋ねてみましょう。

Aさん、こう書き加えたとします。    (赤字が書き添えた部分)

私には中学校から高校まで一緒だった山本さんという友だちがいます。その山本さんからもらった海の写真に感激しました。その海は沖縄県のどこかの海岸だったと思います。誰もいない白い砂浜があって、ビーチパラソルがいくつか。海はきれいな青。少し緑がかっていたかもしれない。とてもキレイだった。

これでまた 文は長くなりました。

海の風景が加わったので、Aさんが
葉書を見て何に感激したのか?が、
グッと伝わるようになりました。

こんな調子で
「もう少し書き添えて!」と
お願いし続けると、文章って
どんどん長くなっていきます。
しかも中身を豊かにしながら。

笑っちゃいますか?
でも、この方法なら、
長い文章も簡単に書けます。

ついでなので、そもそも話を
続けて、どうぞ。

書くの苦手 その原因は

かっこつける!にあり。
そう感じています。

なんかこう、体裁よく、
学校で怒られないように!を
強く意識して

言葉が自由じゃない!
自分の言葉じゃない!

だから書けないんだと思います。

学校で「あしながおじさん」の
読書感想文の宿題が出ると…

「えぇっと、感動した場面を書いて
そのあとに感動した理由を書いて」
なんて思うからダメ。

もっと自由に書いちゃう。たとえば

あしながおじさんって、自分で足が長いぜって書いているけど、手長おじさんだったら何か問題あるのかなぁと思いました。手長猿みたいでカワイイのに。足が長いって自慢したかったのかな。それに自分をおじさんって呼ぶのってツイッターとかで見るけどツライです。プロフィールによくありますよね「ただのおじさんです」。なに、あの同情してくれって感じ。このおじさんもそうなのかなぁ。読んでいて、そのことばかりが気になりました。とくに20ページの…

みたいに書いちゃう。学校の作文
コンクールで賞はもらえない?
かもしれないけど、
本音ベースでいけるから楽だし、
続けていれば、書くの苦手
なんて絶対に思えなくなります。

苦手意識が強い人ほど、効果あり。

部分、どんどん延ばしてください。

   
樹木の雄大さを伝えたくて、落葉の季節を迎えた大木に寄り添い、枝ぶりを描く。幹から太い枝、細い枝、空へと線を延ばす。そのイメージを写真で撮影。矢嶋ストーリーの応援サイト『I thinkでいこう』より。写真、矢嶋剛。
大樹のシルエット。幹から太い枝、
太い枝から細い枝が。この広がり、
「文を書く」に感覚が似ています。

書くの苦手
延ばして クリア!