海辺のイメージが浮かばず現実をチャージしに海へ。そして漁港と漁船を発見。写真の撮影場所は静岡県・由井港。桜海老漁の船かもしれませんね。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛

§07 詰まったら 現実へ

「できるだけ、たくさん書く!」が
できる。10分でも20分でも。
1時間だって大丈夫。

でも…

自分のストック、書けるネタが
乏しいとき、
「できるだけ、たくさん書く!」は
行き詰まります。

書いている内容が堂々巡りに陥り、
ひどくツマラナク思えてきます。

恋って、なんていうか、よく知らないんですけど、デートとかしますよね、どっちから誘うか、ドキドキすると思うんでよね、でもよく知らないんですけど、デートって…
 (延々と続く、恋愛ひとり妄想系)

経済って大事です。ほら経済って社会を支えているじゃないですか。とくかく大事です。みんなもよく知ってると思います。大事なんです。経済は、国際社会を支えています。経済を大事に、大事にしましょう!
 (聞くに堪えない、選挙の演説系)


いやいや。書けるけど…ですよね。
一生懸命!は伝わってくるけど、
内容が曖昧で、読む気が起きない。

この行き詰まりを直しましょう。

この悩み、大学でも

とくに社会科学系の学びの中で、
多くの学生を悩ませています。
どういう現象か、説明しますね。

社会科学(学ぶ分野:政治、法律、
経済、経営、社会、文化…)は、
世の現実に立ち向かう姿勢と方法を
探求します。スタートは
「現実があって」の学びなのです。

具体的にいうと…
経済学って、経済を知るための学問
じゃありません。人って経済(:稼
いで支払って)抜きに生きられない
から「仮想通貨とか、どうする?」
を考えるために学ぶんです。

マーケティングも同じ。知識を得る
が目的じゃなく、お客様のために
「お店とか、どうする?」を考える
ために学びます。

ところが、それができない大学生、
たくさんいるんです。

「〇〇をどうすれば?」な問いに
チンプンカンプン。書くレポートは
用語が舞うだけのツマラない内容。

原因は 現実不足

大学のセンセイって(ダメダメさん
ほど)、抽象的な話をブツブツ…。

「現実があって」を無視して、用語
の説明(○○とは)や学説の紹介
(○○によれば)に終始しがち。

このスタイル(言葉の意味や考えの
位置を憶えるだけ?)を強いると、
学ぶ人は現実に無関心になります。

この傾向、扱う言葉が難しいor意味
不明であるほど、強くなります。

(例 石炭の燃える煙を嗅がずSDGs)
(例 空腹を知らないのに貧困を語る)


そして、象牙の塔に引きこもり。
テレビやネットが現実だよぉねぇ~
という錯覚に囚われてしまう。

その息苦しさ、阿保らしさに耐えか
ねて、今度は「リアリティがないん
だよ!」と叫んで。う~ん、病的。

ここまで来ると、世の中のことを
描くのは無理。もっともらしい
曖昧なことしか書けない。

ですから 現実を

あなたの「たくさん書く!」を邪魔
するネタ不足って、こういう事。
ですから現実を見つめましょう。

あなたのテーマに関わる、あなたに
とって重要な現実を見つめてくださ
い。これでバッチリ解決です。

現場に立つ。話を聞く。関連する
資料を読む。方法は色々あります。

日本の誇る映画監督、溝口健二さん
(亡くなられて久しい)は、こんな
ことを書いています。

 (映画で描く)当時の制度の中で
 人間や女を描けるからね。
 今、吉井(勇)老人が西鶴の現代
 語訳をやっています。僕は期待し
 ている。学者のやったのは駄目で
 すよ。道楽をしていないもの。


時代考証、社会や人の描写に人一倍
厳しかった溝口さんの言葉は、現実
不足解消の金言です。

落語の名人、名人の中の名人と云わ
れた古今亭志ん生さんは、溝口さん
と同じことをもうチョットくだけた
カタチで言い遺しています。

 廓(くるわ)というものは、昔は
 若い人があすこへ行くってェと
 世の中の大概のことが判って
 まいりますから。


だそうです(笑)

ですから、「さぁ廓へ」じゃ無くて
現実へ。

そうなれば、
あなたの「たくさん書く!」は
驚くほど豊かになっていきます。

   
海辺のイメージが浮かばず現実をチャージしに海へGo to。そして漁港と漁船を発見。写真の撮影場所は静岡県・由井港。桜海老漁の船かもしれませんね。奥に見えるのは薩埵(さった)峠です。矢嶋ストーリーの応援サイト『I thinkでいこう』より。写真、矢嶋剛。
もう何も思い付かない(泣)ときは
現実をチャージしに外出。海辺の
イメージが浮かばないなら漁港へ。
(写真は静岡県・由井。桜海老、美味) 

現実チャージし スラスラに