柘榴の実の写真です。歩いていて発見しました。たわわに実をつけています。どれも美味しそう。さて今日は…。好きなものを自由に選べる。この余裕こそ豊かさの証拠。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§08 フレーズを増やそう

「たくさん書く」(§05)の練習を
続け、「部分を延ばせ」(§06)
「現実不足を解消」(§07)に成功
した頃、あなたは、「書く」に別の
行き詰まりを感じているかも。

表現がパタン化してツマラン!
という新しい行き詰まりに。

よくあるのが、以下の症状。

あなたは、様々な例示をスラスラと
書けます。

「たとえば、…」
「たとえば、…」
「たとえば、…」

要点の箇条書きも得意です。

「第一に…」
「第二に…」
「第三に…」

どんどん書くことができます。

けれど、あなたはウンザリ。

「私の表現、カッコ悪!」
「正直、他人のだったら読まない」
なヘキヘキ状態。

必然、
「たくさん書く」ための練習テク
「それで?」さえ、腹立たしく。
だって、書けば書くほど
自己嫌悪に陥るんですから。

この悩みを ピアノの演奏に例えると

こうなります。

あなたは、ピアノが弾けなかった。
それが今では、ド・ミ・ソの音を
自由自在に弾くことができます。
試しに弾いてみましょう。

♪ドミソ ミソミソ
 ソミドミソ
 ソドソドソソソ ミドドミミ~♪

上手に弾けています。

でも最近、ナンカ窮屈になってきた
ような…。 ねっ、これと同じ。

新しい音が必要なんです!

解決のために、とりあえず。

他の人の弾いている音を
もっと注意深く聴いてみます。
すると…

あの人は違う音を弾いている。
シ・レ・ソか。

シとレは弾いたことない。

この人は…、
ド・ファ・ラを弾いている。

ファ、ラかぁ~(感動!)

そしてあなたは…
密かにシ・レ・ファ・ラを練習。

暫くすると、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド
を弾けるようになるのでした。
めでたし、めでたし

必要なのは 新しいフレーズ

実は…
このピアノの下り、比喩と呼ばれる
表現フレーズを使っています。

このように表現の手数、フレーズが
増えると、「できるだけ、たくさん
書く」は表情豊かになります。

なので
表現のフレーズ、増やしましょう!

ということで、増やす手法の1つ、
ボキャブラリー(語彙)を増やす。

こいつの効果、かなり大。
言葉って、ほんとうに色々あって、
凄いですから。

たとえば「確かめる」は、場面や
状況に応じて、書き換えられます。
不思議とピタッリの「確かめる」が
あるんです。試しに少し言い換えて
みましょう。

「感じる」「経験する」
      (身体的・現象的)
「表す」(芸術的)
「試す」(スポーツ的)
「動かす」(技術的)
「診る」(医療的)
「証拠を求める」(法律的)
「働きかける」(行為的)
「影響を調べる」(分析的)
「検証する」「同定する」
        (科学的)

なんてね。

台詞(せりふ)の探求という増やし方もあります。

この手法は、小説家や映画監督が
もっとも得意とするところ。

たとえば好意を伝える場面があって
登場人物に「君が好き」と言わせる
…にしても、彼らはそのまま

「好き」

なんて言わせません。最低でも

「○○さん、好きだ~~~~~!」

くらいに仕立てます。

変わった所では、データ解析系な
フレーズ
もあります。

この手法、
数値で文章に表情を与えます。

事態の趨勢を表すときは
□%の人が「はい」と回答。

人や物の位置を表すときに
総得点〇、第□位、偏差値△。

未来を表すなら
サイコロで1が出る確率1/6。

などが使用多めです。

フレーズは 無数

こうしたフレーズは数知れず。

それらを
わたしたちは自由に、好きなように
使うことができます。

何事も最初はモノマネです。
他人のフレーズを真似ても

「驚いた」のフレーズなら
「ナンジャ、コリャ」by松田優作
「びっくりしたなぁ」by誰だっけ?
「あっと驚くタメゴロー」byハナ肇

色々あります。
いいな!と思ったら使いましょう。

そしていつかは、自分のフレーズ。

素敵な文を、すらすら、すらり。

   
柘榴の実の写真です。歩いていて発見しました。たわわに実をつけています。どれも美味しそう。さて今日は…。好きなものを自由に選べる。この余裕、書く時にも。表現のフレーズが多いほど、できあがる文章は豊かになります。矢嶋ストーリーの応援サイト『I thinkでいこう』より。写真、矢嶋剛。
たわわに実をつけたザクロ。今日は
どれを食べようかな? この余裕、
選択肢を、あなたの「書く」にも。

自由自在に 綴ってください