柘榴の実の写真です。歩いていて発見しました。たわわに実をつけています。どれも美味しそう。さて今日は…。好きなものを自由に選べる。この余裕こそ豊かさの証拠。自分らしくを応援するサイト「I thinkでいこう」より。矢嶋剛が著作・制作・運営をしています。

§08 フレーズを増やそう

「たくさん書く」練習を続け (§05)
「部分を延ばせ」(§06) 、そして
「現実不足を解消」(§07) した
あなたは今、「書く」についての
新しい行き詰まり を感じている
かもしれません。

表現がパタン化してツマラン!
という行き詰まりに。

よくあるのが、以下の症状。

あなたは、様々な例示をスラスラと
書けるようになりました。

「たとえば、…」
「たとえば、…」
「たとえば、…」

箇条書きも得意になりました。

「第一に…」
「第二に…」
「第三に…」

楽勝。えへへ。うふふのふ。

けれど、本音を言うと
あなたはウンザリ。

「私の文章、カッコ悪!」
「正直、他人のだったら読まない」
なヘキヘキ状態。

すると悪循環。
「たくさん書く」ための基本テク
「それで?」さえ腹立たしく
になってきます。

無理もありません。
書けば書くほど
自己嫌悪に陥るんですから。

この悩みを ピアノの演奏に例えると

こうなります。

あなたは、ピアノが弾けなかった。
それが今では、ド・ミ・ソの音を
自由自在に弾くことができます。
試しに弾いてみましょう。

♪ドミソ ミソミソ
 ソミドミソ
 ソドソドソソソ ミドドミミ~♪

上手に弾けています。

でも最近、弾いていても
ナンカ窮屈になってきた…
ような…。

そんなとき、
他の人の演奏を耳にしました。

「あっ、なんかステキ」
心がワクワクしてきます。

もっと聴きたくて耳を澄ますと

その人が自分と違う音を弾いている
ことに気づきます。

「シ・レ・ソか」

シとレは弾いたことがありません。
だからとても新鮮でした。

数日後、別の人の演奏を聴く機会が
ありました。

その人は、ド・ファ・ラの音を
弾いていました。

「ファとラ。これもステキ」

そう思ったあなたは…
シ・レ・ファ・ラを練習。

暫くすると、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド
を弾けるようになったのでした。

めでたし、めでたし

もうお分かりですね。
あなたの今の行き詰まりは
このショート・ストーリーと同じ。

あなたには
新しい表現が必要なんです!

必要なのは 新しいフレーズ

実は…
このピアノの下り、比喩と呼ばれる
表現手法を使っています。

ピアノの音階(ドレミファソ…)を
言葉、音のセット(ドミソ)をフレ
ーズ(ステキな言い回し)に見立て
「表情豊かな演奏をするには(=豊
かな表現の文章を書くには)心地の
よい音の流れや共鳴(=フレーズ)
がたくさん使えるとwao!」を伝え
たかったのです。

というわけで(何がじゃ!)
(一人で乗って落とす。この手法、ノリ
 ツッコミと言います。お笑いテク)


使いこなせる表現手法やフレーズが
増えると、あなたの「書く」も表情豊かになります。

なので
表現のフレーズ、増やしましょう!

ということで、増やす練習の説明。
最初に
ボキャブラリー(語彙)を増やす
トレーニング方法を書きます。

ボキャブラリーを増やすには

ボキャブラリー(語彙。ごい)。
意味は、知っている言葉の総数。

語彙力が高い=その人(言語、分野)が使える言葉の数が多い。

つまりボキャブラリーを増やすって
あなたの使える単語数を増やすって
こと。英単語をたくさん覚えると、
英作文が…という話と同じです。

さて、ボキャブラリーの効果です
が、かなり大。

言葉って、ほんとうに色々あって、
凄いですから。

たとえば「確かめる」という言葉は
場面や状況に応じて何通りにも書き
換えが可能。不思議とピタッリくる
「確かめる」があるんです。試しに
少し言い換えてみましょう。

「感じる」「経験する」
      (身体的・現象的)
「表す」(芸術的)
「試す」(スポーツ的)
「動かす」(技術的)
「診る」(医療的)
「証拠を求める」(法律的)
「働きかける」(行為的)
「影響を調べる」(分析的)
「検証する」「同定する」
        (科学的)

どれも「確かめる」の別表現。
意味はそれぞれ微妙に違っていて
類語辞典では無視をされますが、
言い換えは可能。色々と試せます。

そんなボキャブラリーを増やすには

他人の書いた文章を読む!

つまり、本や資料をどんどん読む。

これがもっとも簡単でお手軽。

探している表現、自分では思い
つかないのですから、ここは
素直に他人の力を借りましょう。

そしてできるだけ、あまり読んだ
ことのないジャンルの文章を
選んでください。

そして未知の世界へ。
未知の単語、未知の使い方に
遭遇してください。

台詞(せりふ)の勉強もおすすめ

次にフレーズ(言い回し。単語より
長い)の幅を広げるトレーニングを
説明します。楽しい方法です。

台詞を真似するんです。

目指す台詞は、映画、芝居、ドラ
マ、小説の中に。優れた作品は、
おぉ!と驚くフレーズの宝庫です。

作家や脚本家が
「ここで、どんな台詞を!」で
ウンウン唸り、ガンガン悩み、
監督や演出家が
「えいやっ」と覚悟を決める
のですからそれはもう、凄い。

浄瑠璃作家の近松門左衛門さんも
鬼気迫る台詞を書いていますよ。

「地獄へも極楽へも 連れ立つて
 下さんせ」

読むだけでもブルルですが、
音読するともっとシビれる。
そのくらい
(わたしも好きで音読します→ブログ)

ほかにも凄腕、世界に大勢。

ですから、おもしろい。

たとえば好意を伝える場面があって
登場人物に「君が好き」と言わせる
…にしても、彼らはそのまま言わせ
ません。最低でも

「○○さん、好きだ~~~~~!」

くらいに仕立てます。

そんな台詞の勉強法。
とりあえず真似しましょう。先ほど
近松作品のところで触れたように

真似して喋ってみるのです。

「ナンジャ、コリャ」
       松田優作さんを真似て

こんな風に同じように発語する。
そして台詞の響きに浸る。
ふたたび発語する。
浸る。
これを何度も繰り返す。

飽きてきたら…
フレーズの特長をつかむために、
同じ系統(この場合は「驚く」)
台詞を並べる。

「ナンジャ、コリャ」
       松田優作さんを真似て
「びっくりしたなぁ」
      誰のギャグだっけ?
「あっと驚くタメゴロー」
       ハナ肇さんを真似て


そして順に発語する。
それぞれの良さが解かってくる。

こんな風にして、知っているフレー
ズを増やしていってください。

とてもよい勉強になります。

表現は 無数に

ということで、
今回は表現力を高める
トレーニングについて書きました。

使える言葉の数という観点から
ボキャブラリーの話。

印象に残る言い方という
観点から台詞の話。

どちらも
「あっ、それいいな」を
意識できれば、
あなたのものになります。

本や資料を読んでいて、
映画やドラマを観ていて、

「あっ」と感じたらその場でメモ。
わたしはスマホにメモします。

意識して、刺激を受けて、
いつか、自分の表現力に
なったらいいな!と想っています。

(おしまい)

   
柘榴の実の写真です。歩いていて発見しました。たわわに実をつけています。どれも美味しそう。さて今日は…。好きなものを自由に選べる。この余裕、書く時にも。表現のフレーズが多いほど、できあがる文章は豊かになります。自分らしくを応援するサイト「I thinkでいこう」より。矢嶋剛が著作・制作・運営をしています。
たわわに実をつけたザクロの樹。
今日は、どれを、食べようかな?
この余裕をあなたの「書く」に!
(美味しそうでしょ。都内です)

追伸

表現力アップについて書きました。言葉の言
い換え(語彙力)とフレーズとしての台詞に
注目しました。意識できれば表現力は自然と
高まります。チャレンジしてください。さて
この§08で「書く」力を磨く話はお仕舞い
です。§05からトレーニングを始めたあな
た。今は自由に書けるはず。ですから次へ。
§09から「読む」話をします。すらすら
書けるあなたは、すらすらと読めるのです。
不思議ですが、本当なんです。

  

このサイト、読んだ人 
(2022年8月22日以来