地球儀を眺めるキリンさん。アフリカの真ん中あたりを見ています。「あそこは、どんな所だろう?」「どうすれば、行けるかな?」と考えているのかも?|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§04 企業は求めてる


「どうすれば?」に自分の結論。
そんな「考える」人を、企業は求めます。

ビジネスは未知へのチャレンジだから。

明日、世界に何が起こるか、誰にも分からないでしょ。自分の会社があっと驚く大発明をするかもしれないし、その大発明をライバル会社が成し遂げるかもしれない。新しい競争相手の出現でお客様の気持ちが急に変わってしまうかもしれない。「しれない」「しれない」の渦中で生き残る。それがビジネスです。

だから企業は「考える」を奨励します。

事実、伸びる企業は「考える」人で溢れています。他人が押し付ける正解に満足する人など居ません。全員が自分なりの結論を出そうとします。そんな企業のミーティングでは、ユニークな結論と結論とがビュンビュン飛び交います。

この感覚は、企業に限らず、優れた組織に共通しているようです。王者のプライドがギンギンのスポーツ・チーム、枠に囚われないユニークな行政機関。いろいろな例が思い浮かびます。心当たり、ありませんか?

話は変わりますが、平均的って、どういう事だと思いますか?

わたしは、「努力が足りない」と同意だと考えています。

努力が足りないから、到達点は全体の真ん中くらい。だから平均。

「でも世の中には、天賦の才がある」と思われるかもしれません。確かにそう。でも努力すれば、少なくとも平均より上に行けるはず。

厳しい~と思われるかもしれませんが、何事にも努力は必要。
今回のテーマ、「考える」も同じ。

「考える」人の話に戻りましょう。

「考える」人って、正確に言うと「考える」を努力する人。

いいですか(確認!)。彼らは、放っておいても勉強のできるエリートじゃないんです。

イメージは…プロ・スポーツや藝術を志す人に多いかな? 彼らと話すと判ります。

彼らは「もっと自由に!」「できたら凄い!」「あの人に憧れちゃう!」でいたいのです。

その感覚で「考える」から「平均」のイメージがありません。「何? 平均って?」「今の限界を超える!」「Don't stop me!(悲鳴)」って思っています。

そんな「考える」人に、あなたも!
さっそくトレーニングを始めましょう。
次回は第一歩。「考える」コツを解説します。


地球儀を眺めるキリンさん。アフリカの真ん中あたりを見ています。「あそこは、どんな所だろう?」「どうすれば、行けるかな?」と考えているのかも?|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。
地球儀を眺めるキリンさん。アフリカ大陸を見ています。
「あそこは、どんな所だろう?」
「行けたら、何をしようかな?」
「どうすれば、行けるかな?」
キリンさん、どんな結論を導き出したのでしょう?

読んでくれて ありがとう