子供時代は「考える」の連続。毎日が新しい体験だから。この子猿もきっとそう。未知ゆえに悩んで考えて。この写真、東京・上野動物園で撮影しました。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§03 解らないから「考える」

人は、なぜ「考える」のか?

どうしていいか解らない!から
「考える」んです。

卒業後の進路について「考える」。
どう生きたいか「考える」。

このように、
未知の世界に踏み出すときは
不安になるから「考える」でしょ。

「考える」が停止するとき

反対に、
よく知る世界に不安なく浸っている
とき、「考える」は停止します。

同じ時刻、同じ道で、学校へ。
慣れた仕事を、いつも通り。

そんなとき、「考える」は
何処かへ行っちゃっているし、
それが少しも気になりません。

それでも人は生きていけます。

けれど、
刺激が少ない人生になると
思います。

「そんな人生は、嫌だなぁ~」
色々な体験をしたいし、
「やったぁ!」と叫びたい。

そう望むなら、知らない世界へ
飛び込むしかありません。

そのとき、
「考える」は必須になります。

あなたは、どっちに?

知らない世界に飛び込む?
止めておく?

どうするかで、人は、
「考える」人と
「考える」を忘れた人と
に分かれていきます。

「考える」人は、解らない!に挑み
自分の世界をどんどん広げます。
 (バンジージャンプに挑戦!)
 (外国で暮らしてみる)

「考える」を忘れた人は、解かって
いる世界の中を徘徊し続けます。
 (俺の若い頃は…ばかりを回想)
 (ゲーム ばっかりしてる)

あなたは、
どちらになりたいですか?

「考える」は、生きるための手段

もう一つ質問。

「考える」人と
「考える」を忘れた人、
あなたは、どちらと付き合いたい?

社会って、人と人とのお付き合い。
生きるからには、誰かと

知らない世界に行けば、
知らない人がいて、
友だちになって、デートして、
家族になって、and so on !

その間、「考える」、いっぱい。

相手と自分の「考える」が
インスパイア inspire して
新しく何かが生まれます。

だからこそ「考える」は、
家族や学生という世界を飛び出て、
社会人デビューした途端に、グッと
重い問題となるのです。

   
子供時代は「考える」の連続。毎日が新しい体験だから。この子猿もきっとそう。未知ゆえに悩んで考えて。この写真、東京・上野動物園で撮影しました。矢嶋ストーリーの応援サイト『I thinkでいこう』より。写真、矢嶋剛。。
子供時代って、毎日が新たな体験。
「これは何?」「どうしてぇ?」の
連続です。この子猿さんも考え中。
(東京・上野動物園にて)

新しい世界が 待ってます