講師の話を聞く。ときに質問し議論を挑む。そんな日々を可能にする大学。この環境を活かすも流すも本人(大学生)次第。旧い講堂の佇まいに改めて想う。自分らしくを応援するサイト「I thinkでいこう」より。矢嶋剛が著作・制作・運営をしています。

§20 大学って?

考える人を応援。
自分らしくなれるよ!


こう訴えてきた、このサイト
「I think でいこう」
今回が最終回です。

最後の話は何にしようかな?

迷いましたが、大学をテーマに、
「考える」を磨く環境について
思いを馳せることにしました。

「考える」磨く方法については
書いてきたけれど、環境の話は
しなかったなぁと思うし、

最初の§01が大学での試験の話だっ
たので、大学ぜんたいの話で終わっ
てもいいかな?とも思ったのです。


ということで、
大学の話をします。

大切なのは自由に学ぶ環境がある!
ですから、別に大学でなくてもいい
のですが、伝わりやすいかな?と
思うのでそうします。

「大学関係ない!」皆さんは、ご自
身にとってのベストな環境に想いを
馳せてお読みください。

それでは始めます。

大学は 便利です

学歴は軽くなれ!(§19)派ですが、

「考える」を自由に磨ける大学は

 いいところだぁ~

と想っています。

なぜかというと、便利なんです。

そこにいるだけで、いろんなことが
できます。

目の前に引き出しのたくさんあるチ
ェストがあって、引き出しを開ける
と奥に小宇宙が見えて、その世界で
いくらでも遊ぶことができる。飽き
たら次の引き出しを開ければいい。
前の引き出しは開けっ放しでいい。

そんな便利さが大学にはあります。

なんか良さそうでしょ。

この世界観、大学進学を考えている
人はかなり気になると思います。

中学校や高校と大学はどう違うので
しょう?
進路相談や志望校選定とは違う観点
から大学を眺めてみます。

中学校や高校との違い

大学では何を学ぶか?を自分で決め
られます。ゆるやかな制約(必修科
目)はありますが、多くは自由。

国語をやって、数学をやって…、
のような強制はありません。

そして、教科書もありません。
授業ごとに担当する先生が「これを
読むといいよ」と文献をあげますが
それはアドバイス。強制は無し。

ということは…

教科書を覚えて、
そのコピペが正解で、
正解を答えて、好成績ゲット!
も無いのです。

そんなこと、要求されません。

先生が尋ねるのは
「あなたはどう考える?」
なのです。

「日本についてどう考える?」
「世界についてどう考える?」
「地球は?」「宇宙は?」

こういう投げ掛けに、
自分なりに自由に答える。

それが大学というところなのです。


※ところが勘違いして高校までのやり方
 教科書コピペを大学でも続ける人がい
 るのです。(§01にその話)


※教科書コピペ=正解を答えればOK。
 この感覚は自由に考えることを妨げる
 ので要注意です。(§02にその話)



授業以外も自由です。

授業に出る出ないも自由。

§19で紹介した画家のミレーさん
(落穂ひろいの人)みたいに
学校へ行かず美術館に通い詰める
のもアリ。

授業をさぼり、カフェで読書や
思索に耽る!もアリ。

友だちとの議論に熱中!もアリ。

とにかく何でもアリなんです。

アリだけど最後にビシッと決める。
「この問題について、わたしはこう
考えます」をズバリ言い切る。

これが大学での学びです。

刺激のシャワー どしゃ降りです

大学で出会う人も高校までと
違ってきます。

全国各地、世界各国から
色々な人が集まってくるので
カルチャー・ショックの連続です。

「好きなピアニストはゼルキン」
(えっ、ゼルキンって…)

「パンク、聴く?」
(パンクって…、ロックの?)

「フリーダ・カーロの絵、好き」
(フリーダ…、何?)

「キュルゲロールはさぁ…」
(キュル? ゲロール?)

それぞれの人がそれぞれの関心に
沿って、聞いたこともない何かを
伝えようとしてくるのです。
(一部、わたしの体験に基づいています)

それはもう大変なのです。

何がなんだか、
さっぱり分かりません。

学食のカレーが安くて助かる!
駅から教室まで走って〇分。

こういうのは分るんですが…。

というわけで、大学では
授業どころでは無い驚きに
のたうち回るのです

そして、なんか知りたくなって。
色んなことを手あたり次第、
アト・ランダムに、
ア・プリオリに、
言葉の意味もわからないままに
(笑)、吸収していくのです。

でも、だから、成長できるんです。

大学の面白さって人だと思います。
 
語り合えば、ありとあらゆる刺激を
雨のように浴びることができます。
(中学、高校の世間を思い知ります)


そんな大学をもっと知るために
ここからは視点を変えましょう。

時計の針を
一気に卒業後まで進めます。

大学を卒業し、仕事を始めたときに
何を感じる?

その気持ちから
大学を眺めてみましょう。

卒業して気づくこと

働き始めると時間が無くなります。
やることがいっぱいあって、
のんびり本を読むことが
難しくなります。

本が読めないくらいですから
仕事に直接に関係ないことを
学ぶなんて…もっと無理。

ですから、
実に多くの卒業生が後悔します。

「もっと
 勉強しておけばよかった」

嘘だ~と、思うでしょ。
でも、ほんとうの話なんです。

時間が自由にできて、
好きなように学べる。

そんなチャンスは老後になるまで
二度と戻ってこない。

卒業すると、
この事実を痛感します。

振り返れば…大学時代は…
自由な時間がたくさんありました。

「考える」に没頭できました。
アルバイトもしたけれど、
授業に出れて、議論もでき、
本も読めました。

その道の専門家である先生に
何でも質問できました。
学部が違っても、
授業を取っていなくても。

「〇〇について
 もっと知りたいんです…」
と言えば、
親切に教えてくれました。

でも社会人になったら…。

専門家は有料サービスに
なっていました。

弁護士への相談みたいで
上辺の話でも
「1時間で5000円です」状態。

それが世間というものなのに、
同じ学校にいるという理由だけで、
あれほど誠実に真面目に、無報酬で
応えてくれるなんて。あり得ない。

こんなことを
実感します。

もう1つ痛感することがあります。
大学では専門書や専門誌など入手困
難な資料がたくさん。しかも無料で
読み放題。ウンザリするほど高額な
ソフトウェアやデータベース利用も
無料です。これ、あり得ない。

この常識にようやく気づくのです。

が、後の祭り。後悔、先に立たず。
これから祝・入学される皆さんは、
どうかそうなりませんように。

以上、
卒業後に気づく大学とは?でした。


どうですか? 大学って「考える」
にはすごく便利な場所です。

ですから利用できる人(=大学生)
利を活かしてaliveくださいね。

というわけで、

最後に 大学活用法

自由に大きく、
考え巻くってください。

図書館にこもり、本を片手に、
知の巨人たちと意見を交換して
ください。(§11参照)

先生をつかまえて、おしゃべりして
ください。「えぇっ」「ウザイ」
「何を話せば?」と煙たがらず。
いろいろ教えてくれますから。

大きなリポートを書いてください。
リポートは自分の考えや意見を表明
するチャンスです。(§18参照)

自分のアイデアをピカピカに磨いて
ください。あなたならではの閃きを
(§12参照)No.1のアイデアに育て
(§13参照)、周りの人たちを
ビックリさせてください。

学歴に負けないでください。
「まだ、そんなところに引っ
 かかっているのですか?」と
言い放ってください。(§19参照)

そして、卒業後も、I think
続けてください。(§17参照)

あなたが自分らしく
生きるために。

(おしまい)

   
講師の話を聞く。ときに質問し議論を挑む。そんな日々を可能にする大学。この環境を活かすも流すも本人(大学生)次第。旧い講堂の佇まいに改めて想う。自分らしくを応援するサイト「I thinkでいこう」より。矢嶋剛が著作・制作・運営をしています。
学校は環境です。もちろん大学も。
活かすも、流すも、自由。けれど…
今、自分がどんな場所にいるかは、
しっかりと自覚してください。
(写真は、某所の旧講堂です)

追伸

大学について考えてみました。卒業後から
眺めてみました。自由に「考える」には
とても良い環境でした。あなたらしくいる
ために、自分らしくあるために、おおいに
役に立ててください。記した大学活用法、
試してみてください。どこの学校?なんて
気にしないでください。在学中、どう成長
できたか? それがいちばん大事です。

そして追伸の追伸

最後まで読んでくれて、感謝です。
教科書コピペの話から始まり、たくさん書く
トレーニングを紹介し、すらすら読めるよう
になると!、どうせならアイデアNo.1に!
な話もしました。そのすべてをあなたなら
できるはず。そう想って、ペンを置きます。
            (深々と礼)

  

このサイト、読んだ人 
(2022年8月22日以来