講師の話を聞く。ときに質問し議論を挑む。そんな日々を可能にする大学。この環境を活かすも流すも本人(大学生)次第。旧い講堂の佇まいに改めて想う。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§20 大学って?

I think 大学は環境です。
「考える」を磨く環境の1つです。

環境の1つですから、別に大学で
磨かなくてもいいんです。
ただ、大学は便利なんです。

どう便利?を
進学を考えている人、すでに在籍し
ている人、別に書いてみます。

大学進学を考えている人へ

大学って、高校まで…と違います。
「考える」が自由。思うがまま。

その「考える」に在籍中は没頭でき
ます。人によって事情は違いますが
生業や家事に追いまくられる確率は
低い。

この時間的余裕は貴重。働き出すと
時間が無くて、本を読むさえ一苦労
なんです。これ、ホント。

加えて、大学は色んな人が集まって
来るので、
未知の「考える」に簡単に接近可。
語り合えば、ありとあらゆる刺激を
雨のように浴びることができます。
(高校や職場の狭さを思い知ります)

サークル活動も講義も刺激の1つ。
このチャンスをどう活かすaliveか?

しかも、お得。
お金のことを書くのは下司ですが、
先立つものがないとニッチもサッチも。ですから敢えて書きます。

専門書や専門誌など、入手の困難な
資料が無料。しかも読み放題。
ウンザリ~するほど高額なソフトや
データベースの利用も無料。

そんな大学、増えました。
大学のコスパ、上昇しています!

すでに在籍している人には

「教員と話せる」便利に気づいて。
そう、お伝えしたいです。

「えぇ、先生と話すの」「ウザイ」
「何を話せば?が不明」と煙たがら
れそうですが、よく考えてみてくだ
さい。その道の専門家が、親身にな
って、自由に気さくに会話に参加。

この利を使わない手はない。

学部や専攻と関係ない先生たちでも
同じ学校というだけで、誠実に
応えてくれるのです。(人による?
その答えは話し掛けてから確認を!)


この貴重が?な人にコスパな例示。

弁護士だと上辺の相談でさえ
「1時間で5000円です」

ご理解いただけましたか?

いろいろな教員と、気になる事柄を
話してください。本を読むより、
ネットでググるより、ずっと有益。


気づかずに卒業する人も多いので、
ちょっと書き留めてみました。

そんな便利な環境だから

行くんだったら、
大学っぽい学びを楽しんください。
その特長は、次の3つ。

①未来を!
 テーマは常に未来を見据えて。
 歴史を学び、現在を学ぶ。それも
 「未来を論じる」ため。未知なる
 世界への扉を開く。この手応えを
 満喫してください。

②ゴールは「自分の見解」
 未来は予想できても不確実です。
 その分、「考える」は自由です。
 想像する地平は無限で、選択肢を
 創造する余地も十分にあります。
 その可能性を「自分の見解」に。

➂存分に書く&描く
 数値を言葉のように操ったり、
 イラストや図表を描いたり。
 この力を育む諸学(語学、文学、
 統計学、論理学、科学史など)を
 知って生かしてください。

この3つを楽しめる場所なんだ。
こんな風に大学を意識してみて。

すると、不思議。
キャンバス・ライフが変わります。

以上、大学は便利! でした。

では これで

最後まで読んでくれて
本当にありがとう。

自分らしく! I think

「考える」 ピカピカに磨いて

そんな落書きも、これでお終い

この辺で、筆を置きます。
          (おわり)

   
講師の話を聞く。ときに質問し議論を挑む。そんな日々を可能にする大学。この環境を活かすも流すも本人(大学生)次第。旧い講堂の佇まいに改めて想う。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。
学校は環境です。もちろん大学も。
活かすも、流すも、自由。けれど…
自分がどこにいるか?は自覚して。
(写真は、某所の旧い講堂)

学べる環境
大事にしてね