お昼寝中の豚さんに、ニワトリさんが何やらコソコソ。「わたし、考えたの…」と話しているのかな?この写真、東京・上野動物園で撮影しました。 |矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§17 I think でいこう

「考える」を磨く(§05~16)、
読んでくれましたか?
コツがわかると、楽勝ですよね。

そんなあなたに試してほしい。

自分の考えをどんどん発信して!

「わたしは、◯◯と考えます」
をズバリ言ってみて!

英語で言うなら
I think that △※◎□….

同意するときも
I think so too.
わたしも、そう考える、と。

自分に考えがあることを
つどつど、毎回々々、
相手にはっきり伝えてください。

I think この料理は素晴らしい
I think この色はとても美しい
I think わたしの判断は正しい
I think これからは○○の時代

こんな風に
I think , I think , I think . 
と伝え続けてください。

I think すれば

あなたが、伝わります。周りの人、
あなたのこと、解かってくれます。

どんなセンスやユーモアの持ち主?
頑張っていること、得意なこと。

何を求めていて、何がしたくて。
そんなモロモロが伝わります。

すると、チャンスが…

「あなたの希望は◯◯」
「△△な能力を持っているから」
が知れ渡り、

「◇◇なチャンスがある」
なんて話が舞い込み、
成功に近づける、というわけ。

Do "I think" & Take a chance !

海外では フツウです

英語圏だから(そういう文法だから)
じゃなくて、「生きるって、I think
が無いと駄目」が共通認識になって
いるから。

そんな表出。
アメリカのスターのインタビュー。

活躍する分野が音楽であれ映画で
あれスポーツであれ、彼らの発言は
I think の山盛りです。

「俺はハッピー。分かる? 俺は…」
あるロックスターは I think を語り
続けて。

そのときの彼、日本のテレビ番組に
ありがちな、時代とか意味とか、
与えられたポジション(例 ハード
ロックの旗手)
なんて評論的視点は
一切無視。

業界内・番組内におけるタレントの
ポジション(例 芸能界への辛口発言
といえば○○)
なんて感知しません。

ただひたすらに
I think を発射し続けます。

演技にも I think が溢れます。

アメリカの女優、とても魅力的。
女性という性(sexy)、家族の中の
役割(妻、母、娘)以前に、
「私は人としてどれだけ魅力的か」
を堂々と演じます。
「ドロドロこそが人間だ!」
「ドロドロしてナンボじゃ!」を
美女たちが明るくガハハします。

そんなドラマ、1994年~2009年に
アメリカで放映されたテレビ番組
『ER』を観てください。

『ER』では女も男も、役者全員が
I think 全開で迫ってきます。

人間(わたし、僕、俺、あたい)は
弱く、惨めで、我が儘で、利己的で
移り気で、ときに汚く、人を裏切り
逃げようとする。

全員ぐちゃぐちゃでドロドロ。
この姿を I think で見せつけます。
主役も脇役の区別なく、勧善懲悪の
設定もなく。

このドラマ(≒アメリカの社会)では
好感度を死守する二枚目役は陳腐。
ジョージ・クルーニーさん、その魔
手から何とか逃げ切りました。危う
かったけど。詳しくは、作品を!

日本も もっと I think  

海外に比べると、わたしたち日本人
I think って弱い気がします。

たとえば、
語尾に「じゃない?」を付けて
同意を求める言い方をしがち。

なんか怖々。周囲に気を使い、
波風を恐れて、無難に徹する。

「あなた」を殺し、「いい子」
「イエスマン」として think ?

「あなた」を閉じ、良妻賢母の
一人として think ?

なんか、そんな人、多い。

その典型、好感度を競う芸能人.jpを
集めてワイワイやるから、日本のテ
レビのドラマって学芸会みたいで、
ツマラナイのかも。

これって、ヤバい。

時代は既にグローバルなんだから

この先、わたしたち、世界中の人と
付き合うわけです。そして、彼らは
みんな I think なわけです。

それぞれが自分のセンスや考え方に
基づいて意見を言う。

当然、意見は違うから(フツウ)、
対峙・対立は当たり前。

ですから議論をします。I think
人たちは「世の中って反論や意見の
相違があって当たり前!」を前提に
生きているのです。

それが多様性でしょ!
ダイバ~シティ~ diversity なんて
はぐらかさないでください。

これは人生の大問題。

その多様性の中で、I think を表明
しなければ、自分らしく!生きる
難しくなるから。ということで、

つまり I think

今の世の中を自分らしく!生きる
ための手段なのです。

そんな生き方を応援するために
恥ずかしながら、このサイトは
I think の起点となる「考える」を
磨こう。
苦手なら克服しよう。
いっそのこと得意になっちゃおう!
な提案を色々と書いて来ました。

何のために「考える」? には

正解や権威に負けないため! Yes
未知の世界に飛び込むため! Yes
あなたならではを発揮するため!
 Yes Yes Yes Yes Yes

と解説しました。そのすべては、
I think そして自分らしく!生きる
につながっているのです。
(そんな目線で再読いただけると

というわけで…

I think , I think , I think .

最初は、ちょっと勇気が要るかも
しれませんが、慣れれば平気。

「自己主張って、気が引ける」
なんて思わないでください。

意見を言って、自分らしく!

それが、これからのスタンダード。

意識するだけで
「日々、自分」を自覚できます。
積極的な自分に出会えます。

でも、まだ面と向かっては…

なら、「書く」から I think
始めることもできます。

作文・小論文・レポートを
利用するんです。そこに
あなたの意見をきちんと表明!

イメージを次の§に書くので
よかったら参考にしてください。

   
お昼寝中の豚さんに、ニワトリさんが何やらコソコソ。「わたし、考えたの…」と話しているのかな?この写真、東京・上野動物園で撮影しました。 |矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。
お昼寝中の豚さんにニワトリさんが
何やらコソコソ。「I think …」と
話しかけているのかもしれません。
(この写真、上野動物園でパチリ) 

I think
自分らしく!