写真の交通標識、簡潔でわかりやすい。イラストと「いたわりゾーン」の一言で、何をすべき!が伝わってきます。この短さがノートとして最高なんです。 |矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§16 ノート(気づき)は短く


因果を旅し、「考える」が自在になったら…
後は、その実力を活かすだけ。

その初手として、ノート(気づき)の取り方を変えましょう。
グレードを最上級にシフト・チェンジするんです。そのイメージを今から説明します。


そんな最上級のノートとは…

とにかく短く! これが基本です。
理由を、例を挙げて説明します。以下の2つのノートを比べてください。

ノート①
事件Aは、2015年6月30日の夕方4:00頃、東京都渋谷区■■にある人気のカフェ「ぶんぶん」で発生した。

ノート②
 ・事件A
 ・15/6/30 16:00
 ・渋谷区■■
 ・カフェぶんぶん 人気?

同じ内容でも、ノート①と②は別物。
ノート①は、②に比べて印象に残りません。
なぜでしょう?

ノートが長すぎるんです。
事件A(what)が、15/6/30 16:00(when)に、渋谷区■■(where1)&カフェぶんぶん(where2)で…。

このように①は、4ノートを1つのノートのように扱います。だから、ノートそれぞれが「組み込まれた部品化」し、印象を弱めています。

この影響で、(だらだら)書いたけどコレ何だっけ?となりがちです。当然、後で読む気も失せるので、各ノートの隠れた示唆を見落としやすくなります。

ノート②は違います。4つのノートを4つとして扱います。さらにノートをリストにすることで、各ノートの印象を強めています。そしてノート間に書き足しができるスペースを与えています。だから、こんな書き足しも可能です。(赤字が書き足した部分)

 ・事件A
 ・15/6/30 16:00  小雨
 ・渋谷区■■ 近くに○○高校
 ・カフェぶんぶん 人気? パンケーキ

こんな感じで、気になる事(新ノート)を書き足せます。同時に、ノート全体を眺めることが出来ます。いわゆる鳥瞰(ちょうかん,鳥の目で眺める)できるよう工夫されているのです。

鳥瞰は「考える」余裕を与えてくれます。ゆったりとした気持ちで「これらのノーツnotesで何が言える? ポイントは何?」を「考える」ように促してくれます。
この作用を上手く利用すると「傘を差した、帰宅途中の○○高の生徒が事件を目撃しているかも!」な新ノートを導きやすくなります。


たとえば、この要領で、わたしの「マーケティング・コミュニケーション論」の受講ノートを書くなら、

・(講義日)  2016/4/25
・(シラバス) 第5講 ○○○
・(テーマ)  心理 矛盾をどう解消?
・(キーワード)認知的不協和
・(例)彼が好き タバコ嫌い 彼は喫煙者
・(選択)妥協する 嫌々我慢 嫌なものは嫌

になりそうです。ノートは僅か6項目。内容もメモ程度。ですが、何が最大の問題? 自分はどう受け止めた? が見えてきませんか。


もうひとつ例を。
お客様との打ち合わせ中に使うなら、

・(打ち合わせ日) 2016/4/25
・(先方) A B C ※敬称略
・(課題) ポスター印象 不評?
・(ポイント) 色使い 地味
・(次回) 1週間以内
・(プラン)色見本 変更例 見積

な風にも。多くの発言が飛び交うミーティング中に、要諦を確実に記憶するには、短いメモが適しています。


ところで、
このノート②、記憶にありませんか?

小説やドラマで刑事がポケットから手帳を取り出し、パラパラめくる、あの手帳こそ、ノート②です。

彼らは、ノート②の使い手です。
捜査の途中途中で、ノート②同士を関連づけ、真相に近づきます。

たとえば、松本清張の『点と線』では、「心中した男は●月〇日▲時△分に■に居た」「心中相手の女は●月×日◇時◆分に□に居た」事実をノート②的に記憶していきます。そして、「■に居た」と「□に居た」の不自然さに気づき、この心中は怪しいと推理していきました。

こんな風に
ノート②同士を関連づける、ノート整理法。

ストーリー創りにも使えるんですよ。

ミステリーを書くなら、最初に、登場人物の5H(who,when,where,whom,what)をノート②とし起こすんです。

たとえば、こんなイメージで。

・(who)  犯人A
・(when) ※月★日#時@分
・(where) 高速Aの高架下X地点
・(whom) 最初の被害者Jと 2人きり
・(what) Jを拳銃で射殺

このノート②を、キーとなる行為の分だけ作ります。犯人Aの、ノート②-1、-2、という感じで。
続いて、犯行にかかわる人物、関係者や目撃者のノート②を犯人と同じ要領で作ります。

そして、ノート②が貯まったら、全てのノート②をwhenで串刺し。時間軸上にノート②を置いてみます。
こうやって、犯行の全貌を描いていきます。

この絵さえあれば、アリバイ作りは簡単。犯人A(アリバイ用)のノート②を、この絵に混ぜればよいのです。
そして、whenを緻密にすれば…、「容疑者Xは、その時間にそこに居れるわけがないんだ。くそっ!」なミステリー、完成です。

ノート②、
馬鹿にしたもんじゃありませんよ。
(これ、刑事コロンボの名セリフ!)

さぁ、あなたも!
名刑事になったつもりで、ノート②を!

そして、最上級の「考える」を!



実はこれで…
「考える」コツのご紹介は終わりです。

「書く」が自在。「読む」もヘイチャラ。
アクション・プランを知っていて、因果の旅も経験。最上級のノートも実践済み。

言う事なし。そんなあなたに…

あらためて「考える」の大切さについて、話をしたいのです。今まで、この問題に深く触れませんでした。§1では試験の成績を巡って、§4では就活や仕事を巡って書きましたが、最も重要な話は封印していました。実はわざと…

次回から いよいよ その話を!
「考える」は、なぜ大切? 核心へ。


写真の交通標識、簡潔でわかりやすい。イラストと「いたわりゾーン」の一言で、何をすべき!が伝わってきます。この短さがノートとして最高なんです。 |矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。
ノートnoteを手掛かりに、人は「考える」の軌跡を記憶の彼方から呼び起こします。そんなノートの取り方・遺し方は「短く!」が最高。 たとえば交通標識。この写真にある図と「いたわりゾーン」の文字なんて最高のノートだと思います。

読んでくれて ありがとう