写真の交通標識、簡潔でわかりやすい。イラストと「いたわりゾーン」の一言で、何をすべき!が伝わってきます。この短さがノートとして最高なんです。 |矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§16 ノート(気づき)は短く

因果を旅し (§15)
分析的思考が得意になると、
アイデア作りも楽勝。
「考える」が自在になって…

後は、その実力を活かすだけ。

その初手としてノート(気づき)の
取り方を変えましょう。

ノートのグレードを最上級
シフト・チェンジするんです。

そのイメージを今から説明します。

最上級のノートとは…

とにかく短く! これが基本です。
理由を、実例を挙げて説明します。

では、さっそく。
以下の2つのノート、①と②を
比べてください。

ノート①
事件Aは、2015年6月30日の夕方
4:00頃、東京都渋谷区■■にある
カフェ「ぶんぶん」で発生した。

ノート②
 ・事件A
 ・15/6/30 16:00
 ・渋谷区■■
 ・カフェぶんぶん

①と②、書かれている内容は同じ。
でもノートとしては別物。

このノートは本来、②が箇条書きにした通り、4つのノートから成っています。

 ・事件A
 ・15/6/30 16:00
 ・渋谷区■■
 ・カフェぶんぶん

それをまとめず、短くバラバラに。
こうすることで、各ノートの印象を
強めています。

一方、①は4つのノートを1つの文に
まとめています。その結果、4つのノートは文の中の「部分」と化し、
印象を弱めています。

ですから①は、記憶に遺りません。
だらだら書いたけど中身何だっけ?
になってしまい、読む気も失せて。

これでは、せっかくのノートが死んでしまいます。ですから短くバラバラに。
②な感じで書いてください。

余白 大事です

もうひとつ②の優れているところが
あります。それは余白。

ノートをリスト にすることで、
各ノートの周りに書き足しができる
スペースを与えています。ですから
こんな書き込みが可能。赤字が書
き足した部分)


 ・事件A
 ・15/6/30 16:00 小雨
 ・渋谷区■■ 近くに○○高校
 ・カフェぶんぶん 人気?
      パンケーキ、おいしい


な風に、新ノートを追加できます。
それは、ノート全体の内容を後から
自由に更新できる!の保証です。
余白って、すごく大事なんです。

そして鳥瞰を! 

短いノートをリスト化。
余白に、たくさん書き込み。

そんなノートは、スケッチブックに
似ています。ノート全体を眺めるよ
うに読むことが可能。なので鳥瞰
(ちょうかん,鳥の目で眺める)
も楽々です。

鳥瞰は、わたしたちに「考える」
余裕をプレゼントしてくれます。

ゆったりとした気持ちで
全体を眺めれば、
「これらのノーツで何が言える?」
「ポイントは何?」

を大きく考えることができます。

そんな鳥瞰の眼で先ほどのノート②
を眺めれば、

 ・事件A
 ・15/6/30 16:00 小雨
 ・渋谷区■■ 近くに○○高校
 ・カフェぶんぶん 人気?
      パンケーキ、おいしい

から

「もしかすると、傘を差した
 帰宅途中の○○高の生徒が
 事件を目撃しているかも!」


な発想を導きやすくなります。

名探偵は ノートの名人

ところで、このノート②、
記憶にありませんか?

小説やドラマで刑事がポケットから
手帳を取り出し、パラパラめくる、
あの手帳こそ、ノート②なのです。

彼らは、ノート②の使い手です。
捜査の途中途中で、ノート②同士を
関連づけ、真相に近づきます。

松本清張さんの名作ミステリー
『点と線』では刑事が次のノート

・心中した男は
・●月〇日▲時△分に
・■に居た

・心中相手の女は
・●月×日◇時◆分に
・□に居た

から、この心中は怪しい!と
推理し、事件を解決します。
(〇日と×日がミソなのです)

さぁ、あなたも!
名刑事なノリで、ノート②を!
そして、最上級の「考える」を!

実はこれで…

§05からスタートした「考える」
コツのご紹介は終わりです。

「書く」自在。「読む」スラスラ。
アクション・プランを知っていて、
因果の旅も経験。最上級のノートも
実践済み。

言う事なし。そんなあなたに…

あらためて、「考える」の大切さに
ついて話をしたいのです。今まで、
この問題に深く触れませんでした。
§1では試験と評価§4では就活
や仕事を絡めて
アウトラインを描き
ましたが、最も重要な話は封印して
いました。実はわざと…

次回から いよいよ その話を!
「考える」、なぜ大切? 核心へ。

   
写真の交通標識、簡潔でわかりやすい。イラストと「いたわりゾーン」の一言で、何をすべき!が伝わってきます。この短さがノートとして最高なんです。 |矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。
交通標識「いたわりゾーン」。何?
と思っても、上のイラストを見れば
解ります。これも極上ノートです。

ここまで
お疲れ様でした

最上級のノート
書いてくださいね