ライブ直前・東京ドーム・アリーナ席からステージを撮影。この風景、誰のライブでしょうか? 写っている観客(:結果)から推理推察してください。|矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§15 因果の旅に出かけよう

因果〔原因→結果〕は使えます。
原因をいじれば、結果が変わるん
ですから。困ったときの因果!と
言われる位、頼りにされます。
     (ちょっと盛りました)

この因果、得意にしましょう!

ということで、さっそく。
因果、トリセツします。

それでは 関係の話から

因果を理解するには、
まず因果を関係として意識する
必要があります。

なので、急がば回れ!的に
因果の前に、関係の話を。

関係って、AとBのつながりです。
人と人のつながり、人間関係。

こんなつながりの中に
共変関係という
タイプがあります。共変関係って
「こちらが変わると、あちらが
変わる。その逆もあり」な関係。

たとえば、

練習する上達する
 は共変関係。

上達する練習する
 も共変関係。

分からなくなった?
それは、あなたが
無意識に先へ進んでいるから!

では、これは?

練習するから上達する

上達するから練習する

前との違いは「から」。
「と」が「から」に変わりました。
すると、共変関係は…

因果関係になります

原因から結果、からを→で表すと
原因→結果。これが因果関係

どちらが原因でどちらが結果? が
はっきりしない共変関係の中で
原因と結果が確定した特殊な関係を
因果関係と呼ぶのです。

わかった?  いい感じです。

さらにレベルアップしましょう!

因果関係の納得度

練習する上達する
上達する練習する
(「から」を→で表現。以下、同じ)

これら2つは因果関係ですが、
納得度は同じでしょうか?

練習する上達する
スポーツや楽器の演奏などを
考えると、納得度は高そう。

では、
上達する練習するは?

人って、上達を確認しただけで
練習するでしょうか?

上達する嬉しい練習する の
ほうが納得がいく気がしませんか。

もし、そうだとすれば、これは…
 Part1 原因→結果になり、
 Part2 その結果が原因に転じて
 Part3 原因→結果を生んだ

ちょっと複雑な因果関係なのかも?

こんな風に納得度に注意できると
因果関係の構造が見えてくるように
なるのです。

というわけで 因果関係いろいろ

因果関係の基本構造は
原因→結果練習する上達する

ですが、さきほどの例のような
原因→ 結果(転じて原因)→結果
上達する嬉しい練習する
もあります。

複数の原因(A,B,…)→1つの結果
そして、その逆の

1つの原因→複数の結果(A,B,…)
もあります。

つまり、原因となる事柄と
結果となる事柄は、→ によって
縦横無尽に結ばれているわけです。

この事をイメージできると
使えるテク、因果を描く
できるようになります。
たとえば、以下の図のように

     
矢嶋剛・著の電子書籍 marketing 1coin series(1)『マーケティングは正直バナナ』(矢嶋ストーリー発行)のガイド「こじゃる」のイラストです。バナナの上にちょこんと立っています。

複雑な因果関係(☆が結果、
◇が原因、→でつなげて表現)

どんどん描いてみてください。

描けると アクションプランを

因果関係で磨けるようになります。

§14で取り上げたプランの例

海外で働きたいから+外国語を勉強
   〔理想〕  + 〔行動〕

の 〔理想〕が因果の最終結果、
〔行動〕は最終結果を導く原因。

そう考えて、
原因→結果でアクション・プランを
因果関係の図として描き直して、
その精度をアップしちゃうのです。

※たとえばですが、
 「外国語を勉強」という原因の他に
 「外資系の会社に就職する」
 「外国の市民権を得る」などを
 想定します。想定がしっかりすると
 プランの成功率は高まります。


できた? 楽勝?

うーん、すごい!

ここまで理解したあなた は、
きっと次の点が気になるでしょう。

「その因果関係、必ず?」

とても良い指摘です。
結果に殆ど貢献しない原因は
どうでもいいんですから。

ですから最後に
次の問題にふれておきます。

その因果関係、必ず?

因果関係の確からしさの度合い、
確度の話を書きます。

確度には、おおまかなランクが
あって、最も高いのは…

100%保証。別名、絶対。

この因果は、理論theory、法則law
なんて呼ばれます。Aが変われば
Bが変わる。(速度×時間=距離)
この水準を科学(例 物理学)は
目指します。同じ結果を世界中で
確認(:再現性)が絶対要件です。

次が、確実に影響

100%保証まで行きませんが確実に
強い影響を及ぼします。この因果は
論理logic、モデルmodel と呼ばれ
ます。人の心理や行動・社会変動の
解明(失政→政変)はこれで大成功。

実は、ここまでが因果関係を数式で
表せる(:表すことに意味のある)
レベル。〔結果Y〕は〔原因X〕が
aの強さで影響。誤差は e くらい」
は、数式 Y=aX+e と表せばいい
じゃん!て話が飛び交います。
=が確度の高さを予感させますね。

でも、もし、確度それ以下だと…
影響するかも…

この因果はかなり脆弱。ありそうで
無かったり。ナンカ頼りなさ気。
「まぁ、あるかもね…」な
扱いを受けてしまうのです。

ところが実際は、かなりオモシロ。
世の凄いアイデアは、こんな脆弱な
因果から。「そんなバカな…」が
素晴らしい結果を生み出すんです。

※たとえば、ヴィレバンやドンキ。
 ごちゃごちゃ陳列→探検気分 は
 小売業界の常識を変えました。


てな感じで、因果関係の確度、
意識すると判別できますよ。

※因果を描くとき、確度によって
 矢印の色を と変えてみると
 おもしろいかもしれませんね。

わかったら、因果の旅へ!

ちょっと???な因果の話、
いかがでしたか?

一見ごちゃごちゃしてますが
描いてしまえば腑に落ちます。

原因と結果の構造が見えてくると、
今のアイデアに足りない部分、
考案したプランの弱いところが
見えてきます。

ですから、因果の旅へ。

因果という探求のトレーニング
積んでみてください。

最後に、次§の予告です

お疲れ様でした~。
ちと長い§でしたでね。

でも、ここまで来れれば、
かなり凄いです。
な感じ。

「考える」をかなり楽しめるはず。

そんなあなたへ、贈ります。

次§は、ノートnote(気づき)に
ついて。 §01のノートが再登場。

「考える」をもっと豊かにする
ノートの書き方とは?

実践的です。楽しんでください。

   
ライブ直前・東京ドーム・アリーナ席からステージを撮影。この風景、誰のライブでしょうか? 写っている観客(:結果)から推理推察してください。矢嶋ストーリーの応援サイト『I thinkでいこう』より。写真、矢嶋剛。
このライブにどうして? 開演前の
アリーナ席は年齢・性別いろいろ。
わからなければ、因果の旅 へ。
(東京ドームで、想ったこと) 

原因→結果で
世の中、見抜いてください