どちらもスゴイ本です。『国富論』を読めばアダム・スミスさん(左の方)が、『アンクル・トムの小屋』(右の本)を読めばハリエット・B.ストウさんが話しかけてきます。 |矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。

§11 知の巨人と意見を交わそう


さっそくですが、経済学の父と呼ばれるアダム・スミスさんと、奴隷制について意見を交してみましょう。もちろん、ご本人は遥か昔に物故されている(1790年没)ので、直接、言葉を交わすことはできません。しかし、彼が遺した『国富論』(初版1776年)を読んで、彼と議論する事はできます。

さっそく、氏を召喚しましょう。会うなり、彼はこう言います。

「奴隷によってなしとげられる仕事は、たとえかれらの生活維持の費用しかかからぬようにみえても、けっきょくのところいちばん高価(中略)。古代イタリーにおいて、その経営が奴隷の手にゆだねられるようになってから、穀物の耕作がどれだけ退廃し、また主人にとってどれほど不利なものになったか」(大内兵衛他訳『諸国民の富Ⅰ』←国富論より)

そして、あなたに尋ねます。
「どうお考えですか?」

この対話が、先達の本を読む最も大切な意義だと、わたしは考えます。

奴隷制の話が出たので、今度は、ハリエット・ビーチャー・ストウさんが著した小説『アンクル・トムの小屋』(1851-52年発表)を介し、彼女と意見を交しましょう。さっそく召喚! 今日はいろいろ忙しい。

で登場した彼女、「小説、読んでくれました?」と言いながら、「たとえば、この箇所、ある青年奴隷の言葉を読みますね」と朗読してくれます。

「奴隷というものは結婚できないのを知らないのかい? この国には、まだそのための法律がないんだよ。もしあいつがぼくたちの仲を裂こうと思えば、ぼくにはきみを妻として引き止めておくことはできないんだ」(山屋三郎他訳『アンクル・トムズ・ケビン 上巻』より)

朗読が終わると、彼女、尋ねます。
「あなたは、どう思われますか?」

この投げ掛けに、あなたが答えるとしたら…。
彼らの話、つまり、過去の話に対して、ではなくて、今、世界で起きている問題を踏まえて答えるとしたら…。

ご覧になりましたか?
2013年に封切られた映画『それでも夜は明ける』(原題: 12 Years a Slave )。この映画でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・モンディ・ニョンゴさんは、受賞スピーチで世界の子供たちへ、こう語り掛けました。

"No matter where you're from, your dreams are valid."(あなたがどこの出身であれ、夢は叶います)

彼女の、このスピーチは広く知られています。なぜでしょう? 彼女そして作品の素晴らしさはもちろんですが、社会の関心も強くアシストしたように感じます。今も人身売買が行われていること、ご存知ですか?
Human Trafficking という言葉を聞いた事、ありませんか?

アダム・スミスさんが嘆いたテーマは3世紀を経た現在でも無くなってはいません。彼に向かって「人類はそれほど愚かではなくなりました」と私たちは未だに告げることができません。 ハリエット・ビーチャー・ストウさんに対しても…。

どうしましょう?
その辺りも意見を交わしてみては?

知の巨人たちとの意見交換、いかがでしたか?

もう、他人の話は、お腹イッパイ?

分かりました。「書く」「読む」が自在になったんですからね。
それに、主役はあなた。

次回から、テーマを「書く」→「読む」から、「考える」へ移しましょう。

「考える」を身に付けるために、新しい目標をお示します。


どちらもスゴイ本です。『国富論』を読めばアダム・スミスさん(左の方)が、『アンクル・トムの小屋』(右の本)を読めばハリエット・B.ストウさんが話しかけてきます。 |矢嶋ストーリー作品『I thinkでいこう』より。文と写真は矢嶋剛。
有名とか立派とか関係ありません。スゴイ本は伝わってきます。だから感覚で、大きく大きく読んでください。すると著者たちが、あなたに声をかけます。「わたし、こう思ったんだけど…」って。面白いですね。そうそう、左の方がアダム・スミスさんです。

読んでくれて ありがとう