音楽と本は同じ。知識で読まず感じてください。その暗示として、本棚の角の奥にキーボードを隠してみました。旧オフィス「庵」での遊びです。自分らしくを応援するサイト「I thinkでいこう」より。矢嶋剛が著作・制作・運営をしています。

§10 教科書を不要に

前回に続き、読書の話。

こんな話をしました。

どんな文章にも作者の意図を込めた
流れがあって、文章を束ねた本にも
流れがあり、その流れが読めるよう
になると、どんな本でもすらすらと
読めるようになる。

今回は、その先の話を書きます。

作者の意図がわかるから

文章の流れを意識できる人は、
「著者、〇〇を伝えたいんだ!」が
手に取るように解ります。

「あ~、この人、こんな風に
 ゴチャゴチャ書いているけど、
 一番強調したいのはココ!」

「この人は、表現を変えてるけど、
 同じ事、繰り返し書いてるだけ」

が判るようになるのです。

この達観、けっこう凄いんです。

どんな本にもビビらなくなります。

ほら、本ってどこか威圧的じゃない
ですか。分厚くて、立派で、偉い肩
書の付いた頭よさそうな人がどーん
と座って「ほら、読んでみな!」っ
て言っているような、そういう本、
あるじゃないですか。

表紙のデザインも重々しくて値段も
「なんでこんなにするの~、げげ」
な本、あるじゃないですか。

もちろん中身も偉そうで、「ナンタ
ラがチンタラで、すなわちホンタラ
であるのはいうまでもないが、周知
の通り、アンタラボウタラ」なんて
小難しそうな内容で。

ですから当然の反応
「こんなの読めない」が、あなたの
読書をストップさせます。

このストップがなくなるのです。

嘘のようですが、ホントの話。

難しい表現いっぱいの分厚い本が
スラスラ読めるようになるんです。

では実例を

ロー・オルダーソンWroe Alderson
さんが書いた『マーケティング行動と
経営者行為』
という本の流れを読み
取ってみましょう。

この本はとても鋭い。なので、大学
の講義では必ず紹介するのですが、
訳本で549頁あります。内容も一見
すると難解なんです。

目次を見ると

第Ⅰ部 マーケティングと行動諸科学
第Ⅱ部 市場行動の理論
第Ⅲ部 マーケティングにおける
    経営者行為


なんて書かれています。

「げぇ~、章じゃなくて部?」
「部って、なにぃ~?」に
なりそうです。(=大半の人の反応)

ですが、流れで読めば大丈夫。
以下のように見えてきます。

第Ⅰ部 マーケティングと行動諸科学
(マーケティングが人の行動と深く関係
 してることを書きま~す。そして…)

第Ⅱ部 市場行動の理論
(物を売ったり買ったりするときの傾向
 について書きま~す。そして…)

第Ⅲ部 マーケティングにおける
    経営者行為
(だから社長たる者、何をすべき!を
 書いて、この本、終わり!)


という流れだな!に気づきます。

すると分かります。
この人がいちばん言いたいことは…

第Ⅱ部 市場行動の理論
(物を売ったり買ったりするときの傾向
 について書きま~す。そして…)


だな。隠れても無駄だ! になって
そこを読むと章が出現! そこには

第4章 差別的優位性を求める競争
(他社と違うで勝負する話。そして…)

第5章 マーケティグ体系と交渉
(売り買いの交渉の話。そして…)

第6章 消費者購買の動機づけ
(買おうと思う気持ちの話。そして…)

第7章 斉合と品揃え形成:交換の論理
(品揃えをどうする?な話。そして…)

第8章 配分と市場価値
(以上を分析すると…な話。そして…)


な流れが。するとピンと来ます。

第8章は燃えカス。言いたい事は
その前にあるぞ。

第4~6章は前振りっぽいぞ。

とうことは…

見当をつけて第7章を読むと
大当たり

この本のメインテーマ
「みんなを幸せに。誰なら実現?」
に遭遇。そしてそこを熟読。
ふんふん。

ここまでくると勝ったも同然。
(何にだ?

メイン・テーマが判ると、それに意
見をどのように加え、全体を形作っ
ていった?流れも分かるんです。

頭(メイン・テーマ)はここで、
首はここ。骨はここ。
筋肉はこの辺り、が見えてきます。

なのでバッチリ読めちゃいます。

そして最後には、
この (1957年初版)と
現在のビジネスが見えない糸で
つながり、その糸をさらに未来まで
延ばすなら… な理解・紹介が
サラリになって。

この感覚を身に付ければ、
難しいと言われる本を
ドカスカ消化できちゃいます。

う~ん、新境地~

すると、解説本が不要に

なっちゃいます。 Wao!

またまたマーケティングの本で
恐縮ですが、たとえば…
『もしドラ』は要らない。

なぜって、元ネタを書いた
ピーター・ドラッカーさんの本を
あなたは読めるのですから。

フィリップ・コトラーさんが書いた
『マーケティング・マネジメント』
の「欲求段階説」(人は何を求めるか?
の優先順位を示した説)
のページも
要らなくなっちゃいます。

元の話を書いた心理学者、アブラハ
ム H.マズローさんの本『人間性の
心理学』
を読めばいいんです。(コト
ラーさん、内容を矮小化しています。泣)


一事が万事。この調子で行けます。

こういう読書ができるって、
超ラッキー です。

というのも、解説本って
受け売り&解釈&省略です。

全体の構成を無視し、有名な一節を
拡大解釈。これはフツウ。
誤解・誇張もあり、本当のところは
永遠の謎。つまり怖くて他言無理。
(ドラッカー読んだけど!と言えない)
(欲求段階説は…とも言えない)


この阿保らしさ、回避できます。

そして 教科書も不要に

なります。

教科書も解釈本の一種ですから。

たとえば数学の教科書を思い浮べて
ください。

あの本、ピタゴラスさん(=三角形の
内角の和は180度!の人)
ほか多くの人
の発見をまとめただけ。

物理も、化学も、国語も、歴史も、
成り立ちは同じ。

ふつうはそこに気づかないけど、
「流れ」が読めるあなたは、

「こう来て、次はこう来たのね」
「ところで、ここ、元は何?」
目線で教科書を眺められるので、
「ははん」な気分で、余裕爆発。

「あのさ、世の中の本の内容って
 【元】(本人のオリジナル)
 【写】(他人のコピペ部分)
 どちらかなわけ。学校の教科書は
 100%【写】なわけ。常識よね」

になっちゃって。

「わたしたちって【元】を知らない
 まま、【写】を勉強してるって、
 なんかすごく浮ついてない?」

に気づいちゃって。

「まぁ、【元】なんか知らなくても
 いいけど。数字にゼロを掛けると
 なぜゼロに?なんて興味ないし。
 【写】でいいけど、興味あるとこ
 ろは【元】、知りたいかも」

と思えるように。

これ、すごくクール

【元】っぽい【写】に振り回されな
い読書生活ができるから。

その素晴らしさとは?

その話を〆にしましょう。

原著を読める あなた

本の流れが読めて、
難しい本もすらすらで、
解釈本も要らなくなり、
教科書はなくてもいい(あっても
いいけどね…)
になったあなた。

ばりばり。かっこよすぎ。

あとは、【元】っぽい【写】
気をつけるだけ。

意外に多いんです。
本当は【写】と書いてくれていれば
(=出所や引用元を明記してくれれ
ば)いいんだけれど。しない場合、
多々あります。

教科書しかり。
有名本しかり。

またまたマーケティングの話で恐縮ですが、「マーケティングの基礎は4Pだ」という言説があります。
(4Pは例です。4C、3C、STPなんでも)

解釈本、言い切ります。なんで?
どうして? 誰が言ったの?

気になるあれこれ全部無視して
「基礎」「基本」で押し切る。

そんな本がいっぱいあります。

この手の本に出会ったら、
著者名をメモし、「おまえのやった
ことは…」と言い放ち、捨てましょ
う。惑わされるだけだから。
(売る手もありますが、被害拡大は…)


それにしても、今の世の中、
受け売りが横行しています。

【元】を確かめずにそのまま教えて
いる人、本やネットに平気で書く
人、驚くほどたくさんいます。

そんな不確実より、
あなたのほうが遥かに上。

そこに自信を持てるのです。

解説本や怪しい教科書、用語辞典、
キーワード集にフフンするあなた。

どんな本でも楽しめちゃうあなた。

残された課題は外国語だけ?

そんなあなたは、いつの間にか
知の巨人たちと意見交換できる
ステージへ進出。

やってみます?
それでは、次の§へ進みましょう。

(おしまい)

   
音楽と本は同じ。知識で読まず感じてください。その暗示として、本棚の角の奥にキーボードを隠してみました。旧オフィス「庵」での遊びです。自分らしくを応援するサイト「I thinkでいこう」より。矢嶋剛が著作・制作・運営をしています。
世の中には本がたくさんあります。
あらゆるジャンルを読んでみたい。
驚き唸り、感動し、大笑いしたい。
ですから、つい読んじゃうんです。
(以前の仕事場の書棚です) 
  

追伸

難しい本でもスラスラ読める。嬉し!楽し!
解釈本や解説本、もう要らない! エヘヘ。
そこを楽しみましょう。本に書いてあること
全部が解かる必要なんてありません。作者の
いちばん伝えたいこと(メイン・テーマ)を
見つける。それが読書です。ですからどうぞ
構えず、力まず、リラックスして本に込めた
作者の思いを想像してください。そして、
難しい本、どんどん読破してください。

  

このサイト、読んだ人 
(2022年8月22日以来